記事一覧

『オープン仮想化フォーマット』による仮想アプライアンスの相互運用

ハードウェアの高速化・高性能化に伴い、既存のOS上に別のOSをアプリケーションのひとつとして、インストール・稼働させる仮想アプライアンスの運用が随分と普及しています。そんな仮想アプライアンスの中でもx86仮想化ソフトウェア・パッケージはよく使われるものではないでしょうか。有名なものと言えば、VMWareやVirtualBoxといったところでしょうか。
[VMWare player]
 ファイル 430-1.png

[VirtualBox]
 ファイル 430-2.png

これらのソフトウェア群の相互交換をサポートするためのファイル フォーマットとして、オープン仮想化フォーマット:.ovaファイル形式があります。おかげで相互運用が本当に楽ちん♪
今回は、そんなオープン仮想化フォーマットを使いVirtualBoxで生成した仮想アプライアンスをVMWareへ移行した時のメモになります。
【手順】
 ①VirtualBoxによるエクスポート
  a)仮想アプライアンスをパワーオフする
  b)"ファイル">"アプライアンスのエクスポート"をクリックする
  c)エクスポートする仮想アプライアンスを選択する
  d)保存先の場所を指定して.ovaファイルを保存する
  e)画面上の指示に従って、エクスポートを開始する

 ②によるインポート
  a)VMWareより、"ファイル">"開く"を選択する
  b)対象とする仮想アプライアンスを構成する.ovaファイルを参照して、
   "開く"をクリックする
  c)仮想アプライアンス名を入力し、仮想アプライアンス・ファイルの
   フォルダを入力または参照して、"インポート"をクリックする
  d)インポートを開始する
   この時、ファイル形式の仕様適合チェック、仮想コンプライアンスの
   チェック等をを実行する
   ステータスバーに、インポートの進行状況が表示される
  e)インポートに成功すれば、仮想マシン・ライブラリに仮想マシンが
   表示される

以上の様にエクスポートされる仮想アプライアンスのサイズにより時間は変わりますが、意外なほど、簡単に相互運用が可能になります。

では、かめ吉権蔵でした(^-^)/~~

【参考URL】
https://kb.vmware.com/s/article/2080574

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーにはキーと入力してください。(スパム対策。)