記事一覧

ラグビーワールドカップ2019日本大会 開催!!

ファイル 644-1.png

今日から始まります「ラグビーワールドカップ2019日本大会」!!
いよいよですd(^-^)
前回イングランド大会では、予選で強豪南アフリカを下したあの感動が再びか、はたまた....今日は、プールA、ロシア-日本戦が、東京で!

11月2日の決勝まで楽しみです!

賞味期限と消費期限!?

台風15号による関東、特に千葉への甚大な被害。何よりも停電がまだまだ続いている様で、大変なご苦労をされているのではないかと推察します。

今年も残念ながらそんな数多くの災害に見舞われていますが、重要なものの一つにお水があるかと思います。そして、そんな貴重なお水が無駄に捨てられいるが多々あるそうです。その原因のひとつに賞味期限と消費期限の違いに関する誤解だそうです。

賞味期限…定められた方法に従って保存した場合にその食品に期待される
       すべての品質を十分保っていると認められる期限のこと

消費期限…定められた方法において保存した場合において品質が劣化しやすく
       速やかに消費すべき食品について、腐敗・変敗などの劣化に伴う
       衛生上の危害が発生するおそれがないと認められる期限

ペットボトルのお水の場合、賞味期限というのは、正しく保存していても蒸発等で本来の容量が保てなくなる期限だそうで、衛生上は何も問題ないそうです。ところが、賞味期限と消費期限を誤って、衛生上、もう危ないと誤解され、破棄されるそうです。
お水は、命にも関わる事、知らない事って本当に怖いです。

【Yahoo!ニュース】
https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20190913-00142504/?fbclid=IwAR2qehhgH6q7IL08DY4EdSL2i3nZBtQdcSXT8kaKNC9JQ4ldkNeZVroWyqk

シアトル・マリナーズ イチロー選手 名スピーチ!!

今朝もスポーツから。
昨日までの三連休の中の出来事、今年3月21日、東京ドームでのアスレチック戦で引退されたシアトル・マリナーズ イチロー選手が「フランチャイズ・アチーブメント賞」の授賞式でスピーチをされました。ふだんは正確を喫し、通訳を介してでしたが、英語で生のスピーチ。本当にファンへ、そして、何より野球を愛している野球史に残る名スピーチ、感動的でした!
まさにレジェンドです!

【HUFFPOST】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/ichiro_jp_5d7dccb5e4b00d690599fff7

スポーツの秋、到来!!

9月 最初の三連休、いかがお過ごしでしょうか。
まだまだ暑い日々が続きますが、スポーツは、もっと熱い(@_@)

土曜は我が(?)ドラゴンズ 大野雄投手が見事、ノーヒットノーランを達成しました!プロ野球史上81人目の快挙!昨シーズンは、0勝とどん底からの見事な仕事を成し遂げました。

また、昨日は、フィギュアスケートの王者 羽生結弦選手が、今季最初の大会となるオータム・クラシックで見事に優勝です!昨シーズンの足の怪我が心配でしたが、見事です!
また、同じく紀平梨花選手もオータム・クラシックで優勝です!

スポーツの秋、相撲も野球も楽しみ盛りだくさんです!

偉人の言葉-SONY 盛田昭夫-

ファイル 640-1.jpg

昨日は、SONY創業者 井深大氏の名言を取り上げさせて頂きましたが、今日もその井深大氏のパートナーとして、ともに立上たSONY創業者 盛田昭夫氏の名言を。

昨日の井深大氏同様、誰もやらない様な事へのチャレンジ。人と異なる考え方を尊重する。
多様性が求められつつ、回りの同調圧力が強まっている様に感ずる現在に向かって、警鐘を鳴らしているかの様な素敵な名言です!

【盛田昭夫の名言】
自分を開発し、発展していくためには、他人と同じ考え、行動をしてはならない。

偉人の言葉-SONY 井深大-

ファイル 639-1.jpg

今日の偉人の言葉は、戦後、間もない廃墟と化した日本から世界へ巣立った企業、SONY。そのSONYを創業した井深大氏の名言です。
やはり、誰もやらない様な事へのチャレンジ。本当に素敵な名言です!

【井深大の名言】
人のやってることはやるな。人のやらないことだけに集中しよう。

目黒区5歳児虐待死裁判に関する詳細

今日のブログは、弊社ブログの本来のスタンスといささか異なるのではという葛藤が正直、あります。でも、一向に世の中からなくらない虐待という悲しいニュース。先日も鹿児島で悲しいニュースがあったばかりです。そんな今という現実から目を背けてはならないと思い、取り上げさせて頂きます。

2018年3月、東京都目黒区のアパートで当時5歳だった船戸結愛ちゃんが虐待で亡くなった事件の裁判の詳細に関するリンクになります。現実を知り、考えるきっかけになればと考えます。

【目黒5歳児虐待死裁判・詳報①】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d6e4a69e4b09bbc9ef47bb8?ncid=other_huffpostre_pqylmel2bk8&utm_campaign=related_articles

【目黒5歳児虐待死裁判・詳報②】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d6e5f7de4b09bbc9ef4bb72?ncid=other_huffpostre_pqylmel2bk8&utm_campaign=related_articles

【目黒5歳児虐待死裁判・詳報③】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d6e87eee4b0cdfe05764162?ncid=other_huffpostre_pqylmel2bk8&utm_campaign=related_articles

【目黒5歳児虐待死裁判・詳報④】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d6f7d47e4b0cdfe05781257?ncid=other_huffpostre_pqylmel2bk8&utm_campaign=related_articles

【目黒5歳児虐待死裁判・詳報⑤】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d6f2df2e4b0cdfe05776ddd?ncid=other_huffpostre_pqylmel2bk8&utm_campaign=related_articles

【目黒5歳児虐待死裁判・詳報⑥】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d6fb516e4b09bbc9ef7d1cf?ncid=other_huffpostre_pqylmel2bk8&utm_campaign=related_articles

動物園でのお話し-渋川動物園-

昨日の大牟田動物園での取組みは、自然のままの姿という事である意味、自然の厳しさ、現実の話しでした。
今日は、一転、ほっこりするお話しです(笑)

渋川動物公園で面白いニュースです♪
何と(゚д゚)!、猫がタヌキの子を育てたそうです。
猫自体には、もう一匹の子猫がいたそうで、まさに子猫・子ダヌキの乳兄弟!!
今も仲良く暮らしているそうです。ほっこりします♪

【にしまつひろしのほっこりフォトブログ】
https://nishimatsuhiroshi.com/2019/08/30/3429/

【渋川動物公園】
http://www.shibukawazoo.com/

動物園でのお話し-大牟田動物園-

時には、ちょっと路線の違うネタをひとつ(^_^;)
九州 大牟田動物園で面白いというか人によってはちょっと刺激が強い記事を見つけましたのでご紹介。
農業被害を防ぐため、シカやイノシシの駆除が時々、ニュースになりますが、その後処理は、大変だそうです。ジビエとして、郷土料理にしようという動きもそのひとつです。
大牟田動物園では、その取り組みの一環として、檻の中でストレスが溜まり易い肉食獣にジビエを与えているそうです。実際には病気にならない様に前処理が大変だそうですが、肉食獣にとっては、ふだんのカットされた肉と違う毛や骨が付いたままの肉に興奮し、野生そのままに時間をかけ、ゆっくりと味わっているそうです。欧米の動物園では近年、家畜をほぼそのままの状態で与える「屠体給餌(とたいきゅうじ)」という取り組みが広がりつつあるそうです。本来の自然の姿という意味ではこの試みは注目したいですね!。

【Yahoo!ニュース】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000028-mai-soci

【大牟田動物園】
http://omutacityzoo.org/

9月1日は防災の日!!

昨日、9月1日は防災の日でした!
その始まりは、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災、「死者・行方不明 10万5千あまり」という未曾有の天災を教訓としたものです。ここ30年あまりでも1995年(平成7年)1月17日 阪神・淡路大震災、そして何よりも2011年(平成23年)3月11日 東日本大震災、2016年(平成28年)4月14日 熊本地震と多くの悲しい事がありました。南海トラフ巨大地震があるとも言われ、たった100年程度の観測では予想し得ない天災がいつ起こるかも知れず、常日頃の防災意識と訓練は大切ですね。過去の天災を偲び、防災について考え続けたいです。

【内閣府 防災情報】
http://www.bousai.go.jp/

ページ移動