記事一覧

新元号、”令和”

春香り、桜に彩られた新年度の始まり。
ファイル 570-1.jpg

今日は、新しい元号の発表がありました。
”令和”
『万葉集』巻五 梅花の歌三十二首の序文にある梅の花の歌、
「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(かぜやわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」
という事で日本の古典よりだそうです。

”平成”も残り一ヶ月。来月からは”令和”。
厳しい冬を超え、春の到来を告げる梅の花。新しい時代に相ふさわしい元号ではないかと思います。新しい時代、ワクワクしますd(^-^)