記事一覧

偉人の言葉-ベンジャミン・フランクリン-

今日は、アメリカの偉大な学者であり、政治家であったベンジャミン・フランクリンの言葉を紹介します。
ベンジャミン・フランクリン、有名な話しとしては、凧揚げをして、雷を研究し、避雷針を考え出した事が有名ではないかと思います。そんな彼が、下記の徳目を書き出し、週ごとにひとつの徳目を読み続け、自信を戒めしていたそうです。
【ベンジャミン・フランクリン 13の徳目】
1.節制
 頭が鈍るほど食べないこと。
 酔って浮かれだすほど飲まないこと。

2.沈黙
 他人または自分自身の利益にならないことは
 喋らないこと。つまらぬ話は避けること。

3.規律
 自分の持ちものはすべて置く場所を決めておくこと。
 自分の仕事はそれぞれ時間を決めてやること。

4.決断
 やるべきことを実行する決心をすること。
 決心したことは必ず実行すること。

5.節約
 他人または自分のためにならないことに
 金を使わないこと。即ち無駄な金は使わないこと。

6.勤勉
 時間を無駄にしないこと。
 有益な仕事に常に従事すること。
 必要のない行為はすべて切り捨てること。

7.誠実
 策略を用いて人を傷つけないこと。
 悪意を持たず.公正な判断を下すこと。
 発言する際も同様。

8.正義
 他人の利益を損なったり.与えるべきものを与えないで.
 他人に損害を及ぼさないこと。

9.中庸
 両極端を避けること。
 激怒するに値する屈辱をたとえ受けたにせよ.
 一歩その手前でこらえて激怒は抑えること。

10.清潔
 身体.衣服.住居の不潔を黙認しないこと。

11.平静
  小さなこと.つまり.日常茶飯事や.
  避けがたい出来事で心を乱さないこと。

12.純潔
  性の営みは健康.または子孫のためにのみこれを行って.
  決してそれに耽って頭の働きを鈍らせたり.
  身体を衰弱させたり.自分自身.
  または他人の平和な生活や信用を損なわないこと。

13.謙譲
  キリストとソクラテスに見習うこと。