記事一覧

タナからひとつかみ...『生き方 人間として一番大切なこと』

ファイル 617-1.jpg

今日のタナからひとつかみは、京セラの名誉会長であり、JAL復活の立役者となった稲盛和夫氏の著作『生き方 人間として一番大切なこと』の紹介です。知人からの薦めでしたが、最初は、経営の本かなと思い、触手をのばしていなかったのですが、読んでみるとタイトルの如く人生、生きるため、必要な事とは何か。その問いにひとつの光明をもたらす様な一冊でした。京都の小さな町工場から世界へ。でも、その心は本当に人として大切にすべきものに一貫性を持った生き方の結果なのだと思う名著でした。