記事一覧

一升餅背負い

ファイル 71-1.jpg

こんにちは、ハルモグラ(m'・ω・`)mです。

ハルモグラJr.は、早くも初の誕生日を迎え、1歳になりました。
ということで、お祝いでじじばばに一升餅背負いをして頂きました。
足のうらを象った紅白の餅をお店で用意して貰って、風呂敷でJr.の背中に背負わせましたが、もともと、寝起きで不機嫌だったJr.は、身動きできないほどのお餅の重量に「びぇー!」。
1歳の赤ちゃんには辛い行事ですね。

一升餅背負いは、人間の一生と餅の一升をかけて、「一生食べ物に困らないように」「一生健康に育つように」などの願いが込められた行事とのことです。
地方によっていろいろあるようで、お餅を踏ませるところもあるようです。
形も丸だったり、小分けだったりもします。

さあJr.、これで将来安泰だね!