記事一覧

訃報、ジャニー喜多川氏、死去(>_<)

先週の終わりから芸能のニュースといえば、ジャニー喜多川氏死去のニュース尽くしではなかったでしょうか。色々とあろうかと思いますが、昭和から平成、そして、この令和で男性アイドルといえば、ジャニー喜多川氏が創設したジャニーズ事務所出身がほとんどではないでしょうか。
ジャニー喜多川氏自身は、スカウトと教育に専念されたそうで、その教育の手腕は、刮目すべきものがあるかと思います。
令和へに時代の移り変わりの中、多くのアイドルを育てた巨人が、また、一人、天に召されたのでしょうか。
心よりご冥福をお祈り申し上げたいと存じます。

タナからひとつかみ...『ハドソン川の奇跡』

ファイル 613-1.jpg

今日のタナからひとつかみは、大好きな俳優の一人であるトム・ハンクス主演の『ハドソン川の奇跡』。
実話、奇跡的な生還劇として知られるUSエアウェイズ1549便不時着水事故、通称“ハドソン川の奇跡”をもとにした映画です。
事故原因調査の過程で人為ミスを疑われ、苦悩の日々。そして真実は....
とても深い映画ですが、一番の印象は、この奇跡は一人一人がなすべき事をなした故の奇跡だと言い放った終わりのシーンです。
”なすべき事をなす”当たり前の様ででも実際はなかなかできない事ではないかと思います。本当にこの台詞には惹かれました!

【公式ホームページ】
http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/

タナからひとつかみ...『君の膵臓をたべたい』

ファイル 606-1.jpg

この週末は、以前から興味があったのですが、機会もなく、ズルズルとしていたのですが、知人よりせを押され(^_^;A、久しぶりにDVDを鑑賞していました。
その映画は、『君の膵臓をたべたい』です。
2年前、2017年7月公開という事でもう2年近く前の映画ですが、本当に素敵な映画です。題名だけ観ると人によっては、なんの事やらと微妙ですが(^_^;A、人として人を思いやる、生きるという意味、本当に感動的で素敵な映画です♪♪
素敵な映画は人生を豊かにする。本当にそう思える映画です!

タナからひとつかみ...『ママも1歳、おめでとう』

"タナからひとつかみ"でたくさんの本や映画等々を詳細させて頂いていますが、今回は、動画です♪
今更かも知れませんが、先日、とある方から教えて頂いた動画です。
紙オムツ、パンパースの公式動画なのですが、これがこれが秀逸、感動しましたので、ご紹介させて頂きます!ぜひ、観てくだい!

【You Tube】
https://www.youtube.com/watch?v=uu3iM1azTj4&feature=youtu.be

志村けん神対応!

昨日の芸能に於ける微笑ましいエピソードに続いて、今朝も芸能ネタで(笑)

お笑いで有名な志村けん。
ある日、売れていない若手が娘さんの治療費:300万円について相談したところ、後日、1,000万円を渡したそうです。
この話しをおかしいと思った回りの人間がその売れていない若手を問い詰めたところ、虚無だと判明したそうです。
それを聞いた志村けんは、
「なんだ、娘さん無事なの? よかったなぁ、ホッとした…」
と安堵とともに
「貸した金? どうでもいいよ。金は天下の回りものだ」
と気にしなかったそうです。
これも思いやり、ひとつの誠実さだと思いました。
誠実さほど、人として素敵なものはない、昨日も同様、心から感じたお話しでしたd(^-^)

【URL】
http://news.livedoor.com/article/detail/12124859/

山里亮太さん・蒼井優さん、ご結婚、おめでとうございます!

名古屋も梅雨入り。
今朝から雨模様。
そんな梅雨の訪れの前、とても爽やかなニュースでしたね。
お笑いコンビ:南海キャンディーズ 山里亮太さんと日本を代表する女優 蒼井優さんとのご結婚の会見がありました。
とてもとても誠実で何よりもお互いを信頼し、助け合っているそんな雰囲気が伝わる素敵な会見でした。"誠実"ほど、人として素晴らしいものはありませんね。末永いお幸せを祈らずにはいられない会見でした。YouTube等で観る事ができますのでぜひ。

【YouTube】
https://www.youtube.com/watch?v=6XHMmU2gNUQ

タナからひとつかみ...『栄光なき天才たち-宇宙を夢みた男たち-』

ファイル 596-1.jpg

6月、間もなく梅雨空の季節が訪れようとしています。
そんな時は、読書でもd(^-^)

そこでおすすめが、先日、日本初民間ロケット:momo 3号機の打上げを取り上げましたが、
http://www.clemia.co.jp/cgi/diarypro/diary.cgi?no=585

久々にロケット開発に関する漫画が読みたくなってきました。
それは『栄光なき天才たち-宇宙を夢みた男たち-』。
19世紀終わりから20世紀初めにかけ、宇宙へ、ロケットを夢見た先駆者達、そして時代に翻弄され、冷戦という時代の中、月へたどり着くまでを描いた素敵な物語です!
 ・C・E・ツィオルコフスキー ロケット工学理論の先駆者
 ・R・H・ゴダード      液体燃料ロケット研究の先駆者
 ・ヘルマン・オーベルト  ドイツにおけるロケット研究の基礎を
                築いた科学者、フォン・ブラウンの師
 ・V2号           ドイツが作り上げた世界初の弾道ミサイル
                V2号とフォン・ブラウンやグルートルップら
                それに携わった人物達)
 ・アポロ          人類初の有人月飛行計画とフォン・ブラウンら
                それに携わった人物達およびコロリョフらそれと
                競った人物達

改めて読み返しましたが、様々な偏見や困難を乗り越えていった先人の物語は感動ものです。
復刻版もありますので、是非!!

スターウォーズEP9、予告解禁!!

ファイル 580-1.png

昨日は、ブラックホールを捉えた記事を紹介しましたが、宇宙つながりで(笑)、先日13日についにスターウォーズ エピソード9の予告編映像とタイトルが公開されました!
タイトルは『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』!!
ライズ(Rise)とは、「立ち上がる」を意味しますが、予告編映像最後の皇帝パルパティーンと思しき笑い声とどう絡むのか12月20日の公開が今から楽しみです!

【公式ホームページ】
https://starwars.disney.co.jp/

タナからひとつかみ...『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』-その2-

ファイル 564-1.jpg

先日、映画”タナからひとつかみ...『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』”について
http://www.clemia.co.jp/cgi/diarypro/diary.cgi?no=540
について、書かせて頂きましたが、当然、ここまで来れば原作もと思い、読ませて頂きました。

映画も本当によくできており、感動を贈って頂いた作品でしたが、時間の制約からの逃れることはできません。原作は、本当に本当に赤裸々に筋ジストロフィー症という病の中、闘ってきたのか、当たり前の様な健康というものが、本当に大切で奇跡的なものであるか、今更ながらに涙なくしては読めないものでした。

ぜひ、これを読んで健康というものに感謝して頂きたいと願います!

タナからひとつかみ...『グリーンブック』

先日のアカデミー賞で3部門受賞(作品賞・助演男優賞・脚本賞)した『グリーンブック』。早速ですが、鑑賞させて頂きました!
ファイル 562-1.jpg

わずか半世紀と少々、そんな時代、そして今も根深く続く有色人種への差別問題。とても深いテーマながら、随所に笑え、そして感動させられる映画でした。

有色人種ながら、天才的なピアニストとちょっと荒っぽいイタリア系用心棒が、南部への演奏旅行8週間へ。最初はとてもクールかと思えば、その心には、有色人種への差別に対する信念を持つピアニスト。最初はステレオ型の有色人種への偏見を持つ用心棒。そんな二人は、旅の中で....

「勇気が人の心を変える」
「寂しい時は自分から先に手を打たなきゃ」
そんな名台詞も心に刺さる名作でした!

【公式サイト】
https://gaga.ne.jp/greenbook/