記事一覧

縁とは不思議なもの....

猪カメ郎です!

つい先日まで正月気分でしたが、早二月。大寒の季節、少しづつ少しづつ、春に向けた準備が胎動が始まり始めているそんな感じですかね....

この一ヶ月、"縁"というものの不思議を感じる出来事が相次ぎました。ひとつひとつのエピソードは省きますが、本当に不思議な出来事でした。
"縁"とは本当にいいものです。縁を大切に誠実を持って仕事に励みたいそんな思いを持ってのスタートの2月です!

トキワ荘復元!?

昨今の話題といえば、インバウンドがよく取り上げられますね!
様々な要因があるかとは思いますが、その中の"クールジャパン"。
その"クールジャパン"の中身で代表的なのは、やはり、世界に誇る漫画・アニメでしょうか。
その礎を築いたのは、たくさんの先人のおかげです。そして、そんな先人、巨匠、手塚治虫氏をはじめ、石ノ森章太郎氏、藤子不二雄氏、赤塚不二夫氏を排出したのが、『トキワ荘』です♪
ファイル 543-1.png

惜しまれつつも、老朽化により1982年11月29日に解体されたあのトキワ荘の復元の話しが盛り上がっているそうです(^o^)
"(仮称)マンガの聖地としまミュージアム"という名称で進められているそうです。
今から完成が楽しみです!

【URL】
https://www.city.toshima.lg.jp/artculture/brand/tokiwaso/museum.html

タナからひとつかみ...『アリー/スター誕生』

映画三昧のトリは、昨日から引続きの音楽映画。
世界のレディ・ガガ初主演、『アリー/スター誕生』を!

ファイル 542-1.jpg

まるでミュージックビデオのごとく、最新の音響システムにのって、たくさんの素晴らしい音楽となるほどと思わせる物語♪
これまた、至福の映画でした!今月末までというのがとても残念ですorz

【公式サイト】
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/

タナからひとつかみ...『ボヘミアラプソディ』

昨日の『こんな夜更けにバナナかよ』に続き、このところ、映画三昧という事で(笑)、今日は、『ボヘミアラプソディ』を。

ファイル 541-1.jpg

伝説のバンド<クィーン>
その中のフレディ・マーキュリーの生き様を綴った物語。

クィーンと言えば、ドラマや映画でも多くを使われ、日本でもメジャーで今でも人気衰えことなく、今もたくさんのファンから愛される伝説といってもいいバンドのひとつ。
中でも、フレディ・マーキュリーのあの力強い歌声は、聴くと元気になります!
そんなフレディ・マーキュリーとクィーンという名前の家族の物語。
時の流れとともにエンディングは、伝説のライヴ・エイジへ(゚д゚)!
映画の場面とともに流れるサウンド。最高に盛り上がり、最高に感動の名作でした!

【公式サイト】
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

タナからひとつかみ...『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

ファイル 540-1.jpg

この週末の話題と言えば、やはり、テニス 大坂なおみ選手の全豪オープン優勝、そして、世界ランキング一位でしょうか。素晴らしいニュースです!

でも、私からは、この週末、鑑賞した映画についてを今日のブログとして贈らせて頂きます。
昨年末、このブログでもALSに患った武藤将胤氏の著作:『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』を紹介させて頂きました。
http://www.clemia.co.jp/cgi/diarypro/diary.cgi?no=515

その影響でこの週末は、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』を鑑賞しました!
大泉洋さん、高畑充希さん、三浦春馬さん主演の笑って、泣いてのあっという間の2時間の映画でした。こうして、ブログを綴っていても泣きそうです....
人と違う個性の体になっても、心は自由であり続けた鹿野靖明氏の実話物語。本当の自立って何だろうと考えさせられるシーンも(゚д゚)!

後、愕然としたのは、同じ筋萎縮症候群でも武藤将胤氏が患ったALSと鹿野靖明氏が患った筋ジストロフィは、異なる病気である事。関心がない事が無知に繋がる、本当に怖い事です。まだまだ学ぶべき事がこの世の中には、存在するのだなと思いました。人生100年時代を迎え、まだ、私ごときははなたれ小僧だと改めて反省ですorz

【公式サイト】
http://bananakayo.jp/

テニスも熱い!!!

ファイル 539-1.png

現在、開催中のテニス 全豪オープンも熱い!!
女子では、大坂なおみ選手が世界TOP3確実、凄いことです(゚д゚)!

でも、それ以上に凄いと思ったのは、去る21日に行われた錦織圭選手とパブロ・カレーニョ・ブスタ選手との死闘5時間!
とある方に伺ったところ、世界ランキング1~200位になると実力はそんなに優位性があるわけではないそうです。その話しを伺った時、なるほどと思いました。テニスの大会で時々、ランキングが離れた下位の選手が勝つことがニュースになります。なぜだろうと長年、疑問でしたが、納得です。また、そのとある人は続けて、こうも言いました。では、ランキングの違いはどこから来るのか?それは、メンタルだそうです。"勝ちたい"気持ちなのだそうです。あの錦織選手は、5時間を感じなかったと記者会見で述べていましたが、本当にその通りなのでしょう。
その次の試合は、N.ジョコビッチ選手とです。相性の悪さも手伝ってか残念な結果にでした(TへT)でも、勇気を与えてくださった錦織選手に拍手です!
そして、次に備えて、休んでくださいませp(^_^)q

【URL】
https://ausopen.com/

タナからひとつかみ...『ライオン (2018 New Ver.) 』

知人が教えて頂いたMVに最近、ハマっています(^_^;A
そのバンドは、"ベリーグッドマン"
曲は、『ライオン (2018 New Ver.) 』

この頃は、FMとかも聴く機会も少なくなり、流行りに益々、疎くなってきましたが(^_^;A、知人に教えて頂き、聴いた時、観た時、感動で泣きそうになりました。素晴らしい応援歌です。多くのプロ野球選手の登場曲に使用されているにも納得です!
昨年の今頃は、某アンナチュラルが大好きで米津玄師『Lemon』にハマっていましたが、今年は、コレですね!
ぜひ、一度は、聴いてみてくださいませ♪

【YouTube】
https://www.youtube.com/watch?v=qVYZFxp9Sv0

卓球も熱かった!!

ファイル 537-1.png

先週 1月14日~20日までの『天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会』、ゆっくり、観る時間はなかったのですが、熱かったですね~
特に女子は、凄かった(゚д゚)!14歳 木原美悠選手、日本のエース、平野美宇選手を破るという大金星でしたね。決勝もこの勢いそのままかと思えば、さすがに
伊藤美誠選手は強かったですね~
石川佳純選手もベスト8入りできずと本当に層の厚さを感じた大会でした。

男子も張本智和選手が破れるというビックリがありました。
でも、それ以上にさすが、チャンプ、水谷隼選手です。見事、10V達成(゚д゚)!

卓球、ますます、東京五輪が楽しみです(^o^)

【URL】
http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

IBM社、商用量子コンピュータ「IBM Q System One」発表!!

量子コンピュータとは、ご存知でしょうか。
ウィキペディアによると
 ”量子力学的な重ね合わせを用いて並列性を実現するとされる
  コンピュータ。
  従来のコンピュータの論理ゲートに代えて、「量子ゲート」
  を用いて量子計算を行う原理のものについて研究がさかんで
  あるが、他の方式についても研究・開発は行われている。”
だそうです。

今、私どもが使っているPC等は、OnかOffのbit単位、つまり、2値を表すいずれかの状態しか持ち得ないものを最小単位としているのに対し、量子コンピュータは、量子ビット単位という事で現在のレベルでは考えられないほどの規模の並列コンピューティングが実現するそうです。かじった程度の知識しかなかったのですが、量子コンピュータは、まだまだ未来の技術と思っていました(^_^;)
ところが、米国IBM社から商用向け量子コンピュータを2019年中に開設するという事でビックリしました(゚д゚)!

クラウドによるビッグデータ時代を迎え、AI技術も急速に発達する現在、本当に「シンギュラリティ時代(技術的特異点)」を迎えるのは、あっという間に訪れるかも知れません。一般的なニュースではありませんが、もしかしたら、歴史にひとつのページが増えた瞬間かも知れません。これからもウォッチしていきたいと考えます。

【マイナビニュース】
https://news.mynavi.jp/article/20190111-754980/

タナからひとつかみ...『ネコの選択 』

ファイル 535-1.png

お笑い芸人:アンジャッシュ 渡部氏が表紙帯を飾る『ネコの選択 心理の神さまに愛を学んだレオとモモの物語』。

離婚の危機のあるネコの夫婦:レオとモモ。恋人から夫婦へ、そして時間を経るごとに好きなはずなのに最初は些細な行き違いから離婚の危機となったネコの夫婦が、絆を取り戻すため、伝説の老ネズミの教えに従い....という物語。

心理学をベースにした実用書であり、物語でもある良書でした。心理学という小難しいイメージがあるかもですが、1時間程度で読める本です。(私は通勤の合間で読み終えることができました)でも、内容は非常に濃密で素敵な物語です。

寒い夜を静かにこんな素敵な物語で過ごすのもいいものですよ!