エントリー

偉人の言葉-ノーマ コーネット マレックの詩より-

米国ケンタッキー州出身の詩人、ノーマ コーネット マレック。

10歳で亡くなったご子息への詩。有名な詩ですが、心打たれるので、このブログでも紹介させて頂きます。本当に少しでも未来がわかれば、人や時間を大切できるのに、当たり前が当たり前になり過ぎてつい無駄使いをしている。そんな事への戒めにもなります。当たり前を感謝に。そうありたいものです。

『最後だとわかっていたなら』

作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう
 
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

ページ移動

ユーティリティ

2021年01月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード